ハゲに効く食べ物と献立集

ハゲに効く食べ物ならコレ!

ハゲをどうにか改善したいけれど、育毛剤やハゲ治療専門のクリニックは費用が高い…とりあえず何かできることからハゲ対策を始めたいと思った時、ハゲに効く食べ物について考える方は多いようです。
髪の毛は骨や筋肉と同じく、食べ物から摂る栄養素でつくられています。

流行りのパーソナルトレーニングジムでは、理想の体をつくるために食べ物も徹底管理されます。
強く太い毛を生やしてハゲを改善するためにはやはり、ハゲに効く食べ物を選んで食べることが大切です。

以下にご紹介する食べ物は、皮膚科学や栄養学の観点からハゲに効く食べ物と言われているものです。
ハゲに効く度合いでレベル分けしてあるので、ハゲ対策の食べ物選びの参考にしてみましょう。


ハゲに効く食べ物 Level 10


牡蠣


人は食べ物から様々な栄養を吸収していますが、最もハゲに効く栄養素は亜鉛です。
亜鉛は育毛剤や発毛剤にも配合されているくらい、医学的にハゲに効くと認められています。

髪の毛は90%以上がケラチンたんぱくと呼ばれるタンパク質の一種で構成されています。
食べ物を食べることによって人はタンパク質を吸収しますが、そのタンパク質をケラチンたんぱくに作り変える働きを持つ栄養素こそが亜鉛です。

つまりは亜鉛が足りていないと髪が成長しにくくなり、その結果としてハゲにつながります。
また亜鉛はハゲの主な原因となっているリダクターゼ(体内に存在する酵素の一種)を抑制する働きも持っています。

食べ物には様々な栄養素が含まれていますが、これほどダイレクトにハゲに効く栄養素は亜鉛だけです。
それにも関わらず、亜鉛は大半の大人たちに不足している栄養素だとも言われています。

亜鉛を多く含む食べ物を選んで食べることは、ハゲの解消に非常に効果的だと言えます。
牡蠣はあらゆる食べ物の中でも1番亜鉛が豊富な食べ物で、つまりはハゲに効く食べ物だと言えます。



育毛用サプリメント


最もハゲに効く栄養素は亜鉛と言われていますが、亜鉛を含む食べ物は非常に少ないために大半の成人男性が不足しがちとなっています。
牡蠣は亜鉛を非常に多く含む食べ物で、5個食べれば1日の必要量を補える言われています。

しかしハゲに効くとは言えそんな高価な食べ物を毎日食べるのは非現実的…そこでおすすめしたいのが育毛用のサプリメントです。
育毛用サプリメントには亜鉛だけでなく、ハゲに効くと言われているノコギリヤシや夏白菊の植物エキスなんかも配合されています。
食べ物だけでは難しい、ハゲに効く様々な成分を手軽に取ることができます。

中でもおすすめの育毛サプリメントと言うとチャップアップでしょう。
厚生労働省が育毛効果を認めている育毛剤メーカーが製造しているサプリメントで、ハゲに確実に効く成分がたっぷりと含まれています。
ハゲに関する第一人者でもある日本臨床医学発毛協会会長の松山淳医師からも優秀な品質であると太鼓判を押されてます。

牡蠣を含めハゲに効く食べ物は長い目で見ないとなかなか効果は分かりませんが、サプリメントは髪質がしっかりしてくるので効果も非常に分かりやすくておすすめです。
チャップアップは無添加のオーガニックな成分ばかりを含むサプリメントなので、ハゲに効く食べ物を食べるような感覚で安心して飲めるのもいいところですね。

チャップアップサプリメント公式ページはこちら






卵は完全栄養食品と呼ばれるほど栄養価の高い食べ物ですが、ハゲに効く食べ物でもあります。
ハゲている人や毛のダメージが気になる人が、生卵を頭の上に落とす映像を見られた方もいらっしゃるかもしれませんが、卵は髪や頭皮に効く栄養を豊富に含んでいる食べ物です。

ハゲの原因となっているリダクターゼを抑制する亜鉛はもちろんのこと、ケラチンたんぱくの元となるタンパク質や頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB2も豊富です。
卵はヒヨコが雛にかえるために必要とする全ての栄養素を含んでいますから、ハゲに効く栄養素も豊富で、まさしくハゲに効く食べ物だと言えます。



ハゲに効く食べ物 Level 7


カシューナッツ


カシューナッツはハゲに効く食べ物としてよくあげられますが、その理由はやはりハゲに効く栄養の亜鉛を多く含む食べ物だからです。
亜鉛を多く含む食べ物には、調理しにくい食べ物や好き嫌いが分かれる食べ物が多いですが、カシューナッツはそのまま食べられるので手軽にハゲに効く食べ物だと言えます。

またカシューナッツがハゲに効く食べ物だと言われる所以は亜鉛だけではなく、ビタミンBも豊富に含んでいるからです。
ビタミンBは食べ物から吸収したタンパク質を、髪の主要成分であるケラチンたんぱくに作り変える手助けをしてくれます。

またハゲと密接な関わりをもつ頭皮の皮脂の分泌量を調節するのも、ビタミンBの重要な役割です。
ハゲの一つの原因に皮脂の過剰分泌がありますが、ビタミンBはこれを抑えてくれるという意味でハゲに効く栄養素の一つです。

亜鉛とビタミンBを豊富に含んでいて、かつ手軽に食べることができるカシューナッツは、とても便利のいいハゲに効く食べ物です。



納豆


納豆はハゲに効く食べ物のLevel7に分類していますが、実際にはもう少しだけLevelの高いハゲに効く食べ物だと考えられます。
納豆もカシューナッツに似た食べ物で、ハゲに効く亜鉛とビタミンBを含んでいます。

もう少しハゲに効く食べ物のLevelが高いと考えられるのは、それに加えてタンパク質が豊富だからです。
ハゲに効くということは髪の毛が新たに生えてくる必要がありますが、そのためには原料となるタンパク質がもちろん必要です。

よってタンパク質を多く含む食べ物も、ハゲにある程度は効く食べ物だと考えられます。
しかしタンパク質が欠乏している男性はごく稀であるのが事実です。

ごく少数のタンパク質が足りていない男性からすればとてもハゲに効く食べ物ですが、必要量のタンパク質を普段から摂取している男性にとっては、そこまでハゲに効くとは言えないのです。
よって納豆はハゲに効くLevel8といったような食べ物になります。



うなぎ


うなぎもやはり納豆と同じ理由のハゲに効く食べ物です。
うなぎや納豆は高タンパク低カロリーでダイエットにも良い食べ物ですが、それに加えてハゲに効く亜鉛やビタミンBをも含んでいます。

一種類の食べ物を食べるだけで、髪の原料であるタンパク質を摂取して、そこからケラチンを生成することができる、まさしく理想のハゲに効く食べ物だと言えます。
納豆と同じでハゲに効く食べ物としてのLevelはカシューナッツよりは高くなりますが、高価な食べ物というのが減点ポイントとなっています。



ハゲに効く食べ物 Level 5


マグロ


ハゲが進行してしまいなかなか髪が生えてこないという時には、ビタミンBが不足している可能性もあります。
食べ物でタンパク質や亜鉛をしっかりと摂取していたとしても、ビタミンBが全く摂れていないとハゲはどんどん進行してしまいます。

ビタミンBがなければタンパク質をケラチンたんぱくに作り変えることができないので、ハゲ対策に非常に重要な栄養素だと言えます。
ビタミンB群の中でもとりわけハゲに効くと言われるのがビタミンB6になりますが、マグロはビタミンB6の含有量が第2位の食べ物です。

またたんぱく質も非常に豊富な食べ物ですし、なおかつ血液の循環をスムーズにしてくれるので、ハゲにはよく効く食べ物の一つです。
カロリーが低くてヘルシーなのでダイエットにも良い食べ物ですね。



ワカメ


ハゲに効く食べ物を聞かれるとワカメや昆布などの海藻類の食べ物を答える人も多いでしょうが、ワカメはハゲに効く食べ物の中ではLevel5くらいの食べ物です。
ハゲに効くのはワカメに含まれているヨウ素になりますが、ヨウ素には血行不良を解消してくれる働きがあります。

血行不良はハゲには大敵で、血の巡りが悪いと毛母細胞に栄養が行き渡らなくなり、その結果抜け毛が増えたり髪の成長が遅くなったりしてハゲてきます。
ヨウ素をふんだんに含んでいるワカメはハゲに効く食べ物ではありますが、ヨウ素以外には特にハゲに効く成分がないのでハゲに効く食べ物としてはLevel5程度になります。



ゴマ


ゴマはあらゆるハゲに効く食べ物の中でも、毎日の献立に取り入れやすい食べ物なのでお勧めです。
ゴマにはハゲに効く栄養素である亜鉛が含まれていて、さらに血管を拡張する効果のあるビタミンEも含まれています。

ビタミンEとヨウ素を比較するなら、頭皮の血行促進効果はビタミンEの方が優秀なので、ビタミンEの方がヨウ素よりもハゲに効く成分だと言えます。
いつも食卓に並べておいて、炒め物やスープなどあらゆる食べ物にトッピングするだけでハゲに効くのでとても便利です。



ハゲに効く食べ物 Level 10


牛肉


牛肉と聞くとハゲに効く食べ物であるどころか、ハゲやすい食べ物だと考えている方が多いようです。
しかしハゲに効く食べ物なのかハゲを助長する食べ物なのかは、肉の部位や肉質によりけりです。

脂身の多い牛肉は皮脂分泌量を増やしてしまい、頭皮の毛穴を詰まらせます。
毛穴が詰まっている状態はハゲやすくなるので、脂身の多い牛肉はハゲに効くどころかハゲやすい食べ物だと言えます。

しかし一方で、肩肉だけは栄養学的にハゲに効く食べ物だと考えられています。
髪の毛を生成しているタンパク質を豊富に含んでいるのはもちろんのこと、ハゲに効く栄養素の亜鉛も豊富に含む食べ物だからです。

あまり知られていないことですが、実は牛の肩肉は亜鉛含有量ランキングでも上位にくる食べ物です。
肩肉は元々脂身の少ない赤身肉ですから、動物性脂肪を摂りすぎる心配もさほどありません。



レバー
ハゲを改善する為に亜鉛を多く含む牛肉を食べたいけれど、普段から揚げ物が多いから脂質の過剰摂取が心配…そんな方には牛肉の代わりにレバーをお勧めします。

しかしレバーはレバーでもハゲに効く食べ物なのは牛ではなく豚の方、豚レバーはハゲに効く食べ物として有名です。
牛肩肉と同じくタンパク質と亜鉛を豊富に含み、その上ビタミンB群もたくさん摂取できる、マルチにハゲに効く食べ物です。

ビタミンB2には皮脂の過剰摂取をコントロールする力があるので、皮脂の分泌が過剰になるという心配もありません。
ハゲに効く食べ物としては好き嫌いがあるのが難点ですが、脂身の多いお肉の代わりに進んで食べるようにしましょう。



ササミ


引き締まった筋肉質の身体作りには欠かせないササミですが、実はハゲに効く食べ物でもあります。
高タンパク低カロリーの代表とも言える食べ物なので、髪の毛の主成分であるタンパク質を充分に摂取できます。

体内に取り込んだタンパク質はビタミンB6によってアミノ酸に分解され、アミノ酸から髪の毛に作り変えられることになります。
ハゲに効く食べ物のササミには、タンパク質をアミノ酸に分解するために必要なビタミンB6も豊富に含まれています。
他のハゲに効く食べ物と比較すると下位にはなりますが、食事に取り入れやすい食べ物なのでお勧めです。



まとめ

以上がハゲ改善やハゲ予防に食べたいハゲに効く食べ物です。
ハゲに効く食べ物はなぜかクセのある食べ物や調理しづらい食べ物も多くなりますが、できるだけ毎日の食事に取り入れるようにしましょう。
これらのハゲに効く食べ物を使ったハゲに効く食事献立は下のページでご紹介していきます。

ハゲに効く食事献立はこちら

更新履歴