ハゲる人の食事習慣

ハゲる人が知らずにやっている食事習慣や食事法

将来ハゲるかハゲないかは、食べ物だけではなく毎日の食事習慣も関係してきます。
油っこいものを摂りすぎなければOK!そんな風に楽観的になってはいませんか?
普段からの食事習慣を少し意識するだけで、数年後や数十年後にハゲるかハゲないかは大きく変わってきます。

料理研究家や栄養士のアドバイスを元にして、ハゲる人に多い食事習慣を以下にまとめてみました。
そのような食事習慣を正すだけでも、将来ハゲる可能性は減らすことができます。


寝る直前の食事の習慣


睡眠中の人間は、パッと見た感じでは全ての機能がリラックスしているように見えるものです。
しかし身体の中では、睡眠中の方が活発に活動している器官もあるのです。

髪の毛が発毛してハゲが改善されるには、体内の成長ホルモンが大きく関わってきます。
ハゲを改善する成長ホルモンの分泌が最も盛んに行われるのは、私たちが眠りについている頃です。

特に夜の10時から深夜2時までの間に睡眠を取る習慣を付けることで、ハゲを改善する成長ホルモンの分泌を最大限に高めることができます。
しかしながら寝る直前に食事を取る習慣のある人は、睡眠中に消化器官が働いているためにそちらでエネルギーを消費しています。

それによりハゲを改善してくれる成長ホルモンの働きが鈍ってしまい、発毛や育毛に支障をきたしているという専門家の意見もあります。
睡眠中はハゲを改善する成長ホルモンにしっかり働いてもらうためにも、寝る直前の食事習慣は控えるようにしましょう。



食べ過ぎの食事習慣はNG

食事の度についついお腹いっぱいに食べてしまう習慣のある方は、将来的にハゲる可能性が高くなります。
ハゲない食事習慣としては常に腹6分目から8分目くらいが理想で、お腹いっぱいになるまで食べ過ぎてしまう食事習慣はハゲ対策の意味では良いとは言えません。

過食がハゲる食事習慣と言われるには、大きく分けて二つの理由があります。
過食がハゲる理由の一つは、食事を必要以上に取り過ぎることで、肥満体型になったり体内脂肪が増えるからだと言われています。

太っている人や体内脂肪の多い男性は、それに比例して頭皮の皮脂分泌量が増えます。
皮脂は本来頭皮を守るために存在していますが、過剰に分泌されると毛穴を詰まらせたり汚したりしてしまいます。

毛穴が汚れで詰まっていると毛髪は抜け落ちやすくなりますから、結果としてハゲやすい体質になってしまいます。
またよほど太っている男性であれば、頭皮の脂肪分が血管を圧迫してしまい、血行が阻害されてしまいます。

食べ過ぎてしまう食事習慣が肥満の原因となり、肥満がハゲの天敵とも言える血行不良を招きます。
食事の際には常に太らないよう意識しておくことがハゲの予防にもつながります。

また、食べ過ぎの習慣がハゲに繋がるもう一つの理由は、消化器官への負担です。
本来身体が必要としている以上の食べ物を取る習慣のある人は、常に消化器官に負担がかかっていると考えられます。

負担のかかる消化器官はエネルギーを大量に消費し、それを補うために血液が集まります。
消化器官にエネルギーや血液を奪われた頭皮では、反対に血行不良が起こるためにハゲる要因となります。

さらに消化器官は必要以上の働きを強いられることで、栄養素をスムーズに吸収できなくなってしまいます。
髪の毛が新たに生えてハゲが改善されるためには、たんぱく質やビタミン、ミネラル類が必須となります。
これら二つの理由により、お腹いっぱいになるまで食べる習慣はハゲると考えられています。



外食は極力控えましょう


外食を頻繁に利用する食事習慣のある男性も、将来的にハゲやすいと言われています。
全てがそうとは言えませんが、外食は一般的に言ってカロリーが高く油分が多い食事が中心になります。

カロリーが高く脂肪分の多い食事習慣は前述のように、ハゲの原因となる肥満や皮脂分泌量の増加へとつながります。
中でもファミレスやファストフードでの食事はハゲ予防には禁物、カロリーや脂質に加えて大量の添加物を体内に取り込むことになります。

添加物はハゲ改善に必要となる栄養素を破壊し、過剰に取ることでそれ自体がハゲの原因になる可能性もあります。
とは言え外食をする食事習慣が全てNGというわけではありません。

生の野菜やお肉を一から調理して提供しているお店での食事は家庭での食事と変わりませんから、それがハゲにつながるということはありません。
ただしそのようなお店での食事はもちろん価格が高くなります。

とは言え工場で作られた食事を提供するようなお店での外食は決してお勧めできません。
もちろんコンビニのお弁当にも同じことが言えますから、コンビニを頻繁に利用する習慣のある男性も、ハゲないためにコンビニ弁当は極力控えるように気をつけましょう。



過度の飲酒を伴う食事習慣


食事の際にお酒を飲みすぎる習慣のある人も、ハゲやすい食事習慣と言えるので注意が必要です。
食事の際でなくとも、お酒の飲み過ぎはハゲ予防においてはお勧めできない習慣です。

ご存知の方も多いことでしょうが、身体にとって有害物質であるアルコールは、肝臓によって無害な物質へと分解されます。
アルコールを大量に飲むことは、肝臓に大きな負担をかけることになります。
お酒をたくさん飲む習慣のある男性が肝臓ガンになりやすいのはこのためですね。

肝臓にはアルコールを無害な物質に分解するだけでなく、アミノ酸から髪の毛の原料となるたんぱく質を生成する働きもあります。
つまりハゲを治そうと思ったら、肝臓の働きは必要不可欠になるのです。

アルコールの分解にばかり肝臓のエネルギーが奪われないように、お酒を飲みすぎる食事習慣のある方はある程度控えるようにしましょう。
ただし飲酒の習慣そのものがハゲる原因になるというわけではなく、少量の飲酒であればむしろハゲ予防に良い効果が得られることもあります。

お酒はほどほどに飲む程度であればストレス解消の効果が期待できますし、さらにはハゲ改善の血行促進効果も望めます。
食事の際には必ずお酒を飲みたいという男性は、適度な量の飲酒習慣を身につけるようにしましょう。



一定の時間に食事をとる習慣


ハゲないための食事習慣として、ある程度決まった時間に食事を取ることは大切です。
お仕事柄不規則な時間に食事を取る習慣のある方も多いことでしょうが、ハゲを予防するためには時間を決めて食事をする習慣がお勧めです。

食事を決まった時間に取る習慣を身につけることで、身体が食事の時間を覚えて栄養の吸収効率が良くなると言われています。
髪の毛が新たに生えてハゲが改善されるためには、たんぱく質やビタミン、ミネラル類の摂取が必要となります。

それらの栄養素をスムーズに吸収してハゲを改善するためにも、一定のリズムで食事を取る習慣は大切です。
また決まった時間の食事習慣は、新陳代謝をあげてくれる可能性も考えられます。
体内の代謝が上がると血行が良くなりますから、結果としてハゲにくい体質を作ることができます。



脂質の摂取が多い食事習慣は良くない


ハゲる食べ物の項目でも触れたように、脂質の多い食事習慣を持つ人はハゲやすいと言われています。
脂質の多い食事は肥満の原因となる上に、頭皮の皮脂分泌量を増加させます。

頭皮の皮脂分泌量が多いと新たな毛髪が生えてくる毛穴が詰まってしまう原因となり、その結果ハゲや薄毛が進行してしまいます。
ハゲを予防するためには頭皮も毛穴も常にクリーンに保つ習慣を身につけましょう。
また肥満体型の男性は統計上ハゲやすいとも言われているので、太りやすい脂っこい食事習慣は極力改善されることをお勧めします。