わかめとハゲの関係

わかめはハゲに本当に効くのか?

昔からハゲに効く食べ物というと一番に名前の上がるわかめですが、実際のところわかめはハゲ改善に効果があるのでしょうか?
わかめがハゲに効くというのはただの都市伝説なのか、それともちゃんとした根拠が存在するのか、栄養士さんの見解を中心に解説していきます。


そもそもわかめってどんな食べ物?



わかめはみなさんご存知の通り、昔から日本で愛食されている海藻です。
花を咲かせないコンブ科の海藻に分類されていて、天然のわかめは約1メートルほどの大きさになります。

食卓に並ぶ頃には小さくカットされているため、わかめは小さい海藻だと勘違いされていることもあるようですが、本来は縦長の扇のような大きな海藻です。
ちなみにわかめのように花を咲かせないのは海藻、反対に花を咲かせるのは海草と書きます。
わかめの豆知識としてご参考までにどうぞ。



わかめが持つハゲに効く成分


わかめが昔からハゲに効くと言われるゆえん、それはわかめが髪の毛に良いと言われている栄養素や成分を含んでいるからです。
それらのハゲに効く栄養素や成分を摂取したからと言って、ハゲが改善されるとは言い切れませんが、髪の毛や頭皮に良い働きを持つことは確かです。
わかめに配合されているハゲに効く栄養素や成分は以下の通りです。


ヨード

あまり聞きなれない名前の栄養素ですが、ヨードはわかめに配合されているハゲに効く栄養の一つです。
ヨードはヨウ素とも呼ばれていて、16種類ある体に必要なミネラル類のうちの一つです。

わかめに含まれるヨードは身体の健康維持のために様々な働きをしますが、ハゲに効果があると言われる理由は、ヨードが甲状腺ホルモンの主成分であるからです。
人間の体内には甲状腺ホルモンと呼ばれる物質が存在していますが、甲状腺ホルモンには髪の成長をコントロールし、代謝を促進させる働きがあります。

甲状腺ホルモンが存在することで髪の毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、新たに発毛するのです。
ただしわかめに含まれるヨードには落とし穴もあります。

ヨードは適量を摂取する分にはハゲに効果的ですが、過剰に摂りすぎてしまうことで逆に甲状腺に機能障害をもたらします。
よほど摂りすぎない限り心配は要りませんが、極端にわかめばかり大量に食べるとヨードの過剰摂取になり、反対にハゲてしまう可能性があるので注意が必要です。



フコダイン

わかめに含まれているハゲに効く成分として、最近注目を集めているのがフコダインです。
フコダインはわかめのヌメリを作っている成分で、昔から抗ガン作用や抗菌作用で知られていました。

それが近年になり髪の成長やハゲ防止に効果があることが分かり、一気に注目されるようになりました。
特にここ数年ではわかめのフコダインを濃縮したエキスが、ハゲ防止の育毛剤にも使われているほどです。

わかめのフコダインを濃縮したエキスはM-034と呼ばれ、毛母細胞の活動を直接刺激する働きがあります。
フコダインがハゲに有効と言われるのは、以下の3つの効果があるからです。

・中性脂肪を下げて血液をサラサラにする。それにより血流が良くなり血行促進へと繋がる。

・細胞分裂を正常化する働きがある。
毛母細胞の細胞分裂に異常をきたすと抜け毛が増えることがあるが、その場合はフコダインを摂ることで改善することができる。
また毛母細胞の正常な細胞分裂を促すことは、髪の成長をサポートすることにもなる。

・頭皮を保湿して紫外線などによる頭皮の乾燥やダメージを防ぐ。
頭皮を柔らかく保つことでハゲにくい頭皮をつくることができる。



亜鉛

ハゲ防止や薄毛改善効果が期待できる栄養素はいくつかありますが、中でも最も期待の持てる栄養素はミネラルの一種である亜鉛です。 髪の毛は99%がケラチンタンパクから構成されていますが、体内のアミノ酸からケラチンタンパクを生成する役割をするのが亜鉛です。

いくら良質なたんぱく質を豊富に摂取できていたとしても、亜鉛が不足していると髪の毛は成長できません。
また、亜鉛には抜け毛を減らすことによるハゲ防止効果もあります。

髪が抜け落ちるのには様々な原因がありますが、そのうちの一つに男性ホルモンがあげられます。
男性ホルモンの一種であるテストステロンと呼ばれる物質は、体内酵素によって還元されることでジヒドロテストステロンへと変化します。

このジヒドロテストステロンが脳に信号を送り、髪の毛が抜け落ちるよう指示を出していると考えられています。
わかめにも配合されている亜鉛には、テストステロンが還元されるのを防ぐ力があります。

テストステロンの還元を防ぐことで、ハゲる原因を減らすことができます。
しかしわかめに配合されている亜鉛量は100g当たりたったの0.9mg、亜鉛を最も豊富に含む牡蠣の15分の1ほどになります。

とは言え亜鉛を含む食品は非常に少ないために、現代人には常に不足しがちな栄養素と言われています。
少量と言えど少しでも亜鉛を摂取できるわかめはハゲ予防にお勧めです。



まとめ


わかめには以上のような成分が含まれていることから、ハゲの予防や改善効果を期待することができます。
しかしわかめを食べることで必ずハゲが改善されるというわけではありません。

わかめをたくさん食べることで、髪がより成長しやすい状態を整えることができて、ハゲていく要因を減らすことは立証されています。
しかし男性がハゲる原因は決して一つではないし、髪の成長スピードよりもハゲるスピードの方が早いこともあります。

わかめが栄養学的に毛髪の成長や抜け毛防止に有効なのは確かですが、確実にハゲが改善されるわけではありません。
とは言えわかめが髪や頭皮に良い影響を及ぼすのは確かですから、ハゲ治療の補助的な意味合いでわかめを食べることをお勧めします。